【保護者失格。一線を越えた夜】つきのおまめ/Wコミックス(著)

   2015/06/13

コミなびで人気のエロコミック【保護者失格。一線を越えた夜】作者:つきのおまめ/Wコミックス ☆46話まで配信中!! 1話50pt

  コミなびで無料立ち読み出来ます!!
     ↓  ↓  ↓  ↓
エロコミック保護者失格
■対応機種:Android/iOS(スマホ・タブレット)
■対応キャリア:ドコモ/au/ソフトバンク
■月額コース:324円~

※購入したコミックの料金はスマホ料金と一緒に決済されます。作品のタイトル名は請求書には表示されませんので安心して下さい♪

☆コミなびでも大人気のエロコミック「保護者失格。一線を越えた夜」を無料立ち読み!!

保護者失格。一線を越えた夜 あらすじ・ネタバレ

ちがう…親子じゃない、子供じゃないよ…親子みたいって言わないで…。

二十歳の誕生日を迎えた瀬名ちづる。

ちづるが8歳の時に両親は事故にあって他界してしまう…。

当時、何が起こったのか理解できず…動かなくなった両親を前にしても泣くことも出来なかった…。

そんなちづるを、叔父が引き取り今日まで2人きりの家族として生きてきた。しかし、最近ちづるは叔父の事を一人の男として意識し始めてしまう…。

自分の思いを隠しながら平静を装って生活していたちづるだったが…。

ある日、突然の雨に降られてびしょ濡れになって帰宅。家に付くとそのままシャワーを浴びる為に浴室に向かったのだが…。

裸になって浴室に入ると…そこには、浴槽に浸かっている叔父の姿が…!!

ちづる「あ…急に雨降って…濡れちゃって…ごめ…入ってるの…帰ってきてるの知らなくて…!」

動揺しているちづるに対して、叔父は冷静に対応。

叔父「…いや、いいよ。それよりも濡れている様だし交代しよう。ゆっくり入って温まりなさい」

ちづる「た…大変、お恥ずかしいものをお見せしました…っ!」

叔父「ふふっ、子供のころ何度も一緒に入ったし気にするな…。じゃあ私は先に出るから」

自分の事を女として見てくれない叔父に対して、ちづるは自分の想いを抑えきれなくなってしまう…!

後から叔父に抱きつき…そのままキスしてしまう…!

ちづる「わ…私、もう…子供じゃないよ…」

自分から激しく舌を絡めるちづる…!突然の事に動揺が隠せない叔父…!!

叔父「っちづる!…っやめなさい」

ちづる「…っやだ!そういう事を言わ…やぁっ…ん、して…?叔父ふぁ…んも…して…ぇっ」

お風呂で激しく舌を絡め合うちづると叔父!叔父の繊細で長い指がちづるの乳首とアソコを丁寧に弄り始める…!!

まだ、子供だと思っていたちづるは、いつの間にか大人の女の身体に…もう今まで通りの親子関係には戻れない…!

ちづるの二十歳の誕生日にいままでの親子関係は崩れ出していき……。

是非この機会に、コミなびでエロコミック「保護者失格。一線を越えた夜」を無料立ち読みしてみてはいかがでしょうか?

  ▽ コミなびで勃ち読みできます♪ ▽
エロコミック保護者失格